December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イギリスの薬局で買えるドライヤーの満足度

9月ですね。今季からイギリス大学留学をされるみなさんは既にイギリス入りされてますでしょうか。

 

イギリスに着いたらまず買わなきゃいけない(であろう)家電って、ドライヤーじゃないかなと思うんですがいかがでしょう。語学留学でホームステイするにしても、日本と違ってドライヤーは洗面所ではなく自分のベッドルームで使うものという家庭が多いと思うので、毎回ホストに借りるのも煩わしいですよね。

 

イギリスの街でよく見かけるマツキヨ的存在のBootsで買えるBootsブランドのドライヤーは、1600wで10ポンド以下と値段が安いのに結構な風量があってびっくりします。これに慣れると、日本に帰ってきてパナソニックなどのドライヤーを使うと物足りなく思うのではないでしょうか。私は初めてイギリスで生活を始めた時も、2回目に引っ越した時も、Bootsのトラベル用じゃない方のドライヤーを愛用してました。マイナスイオンはないですが、頑丈でまさかの4年保証。

 

日本に帰ってきてドライヤーを探していた時、ビックカメラのお兄さんに大風量ドライヤーのお勧めを聞き、買ったのがテスコムのドライヤー。2年足らずで壊れてしまいました。そこで、折り畳めるドライヤーって寿命が短いよなと、今度は同じテスコムでも業務用であるNobbyのドライヤー(NB1500)を買いました。ほとんどのテスコム製品が中国製なのに対し、Nobbyは長野県松本市で作っているんだとか。でもやっぱり風量が物足りなく、これまたテスコムが作っている無印良品のドライヤー(マイナスイオンヘアドライヤー MJ‐HD1)を買いました。夏に使う分には、このあまり熱くない風が快適なんですが、やっぱりもっと大風量がいい。


 

そして、デザイン性を優先するのは諦め、結局テスコムのTID956に落ち着きました。イギリスのBootsドライヤー並みの暴風です。ダイソンのSupersonic に比べるとどうなのか分かりませんが。

 

こちらのスーパーソニックさんたち、もうすぐ来日ですね。

 

 

 

comments

   

trackback

pagetop