July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本の包装レベルについて

今日、久しぶりに日本に来ると感じる「これって必要?」について考えていました。

 

・コンビニで毎回もらうおしぼり

・コンビニ、スーパーのBGM

・買い物袋が開かないように貼ってくれるセロハンテープ

・デパートで通り過ぎるだけの人に「いらっしゃいませ」と深々とする店員さんのお辞儀

・商品交換を頼む時んだ時に包装の袋やクッションまですべて新しいのに取り替えてくれること

・スーパーのレジでカードを渡し清算している間、レジでは買ったものをレジ袋に入れずにたたぼーっと店員さんの手さばきを眺め、違うカウンターに運んでから袋詰めするという手間

 

ロフトで買ったWECKの蓋にヒビが入っていたので、翌日交換してもらったら、

 

梱包材新品取り替え

新品の袋に入れなおし(しかも2重)

これで受け取りかと思ったら・・・

さらに持ち手までプチプチで包んでテープでピタッと固定。

 

その一部始終を見ていたら、この映画思い出しました。

”Could we be quite quick, please?”

おそらくこのフレーズはイギリスに住んでいても聞くことはまずないと思いますが・・・

 

そんなわけで、最近ちょっと名古屋に住んでおります。(あと2か月くらい?)

美容院のお姉さんに「メーエキ?メーエキって何ですか?」という質問をした日から数か月経ちました。Jamiroquai さんのライブ、親戚の結婚式でしか来たことのない街に暮らしております。

 

comments

   

trackback

pagetop