September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ケンブリッジ英検 Proficiency ライティング対策

Amazon UKでケンブリッジ英検Proficiencyライティング対策のテキストを見つけました。(レビューのつき方がちょっと不自然な気がしなくもないですが、)ちょっと気になったので見てみました。



2015年に発行されたテキストなので、最新版のテストに対応しています。カジュアルな文章でライティングセクションのポイント、練習問題とそのサンプルアンサーや解説がついてます。ケンブリッジから出ているCommon Mistakeシリーズと同じサイズで53ページほどなので、一通りトライしてみるのにそんなに時間はかからないはず。肝心なアドバイス内容はというと、あえてこのテキストでなくてもケンブリッジ英検の総合問題集的なものなら書いてあるようなことがほとんどのように思いました。とはいえ、Proficiency用のテキストはあまり数もなく高額なので、ライティングセクションの練習をとにかく数こなしたいというときにはいいのかもしれません。




ということで、ちょっと不完全燃焼。

ちなみに、ケンブリッジ英検ライティング対策で私が理想的だなと思うのはこんな感じのものです。
・気の利いた言い回しや、いろいろなトピックでリサイクルできそうなフレーズ集がついている(200フレーズくらい)
・模擬問題と、こう書けばトップマークをとれるというレベルのサンプルアンサーがついている(100問くらい)
結局、こういう時ってこう書けばいんだ!っていうサンプルを真似しまくるしかない気がします。

試験の制限時間の1時間半の中で240−280語、280−320語と2つのライティングを仕上げるのは本当に難しいですが、英系企業で働いていて思うのは、職場でそのスピードで仕上げていたら仕事遅いと思われるだろうなと。(もちろんそれは、試験と違ってその場で初めて出くわしたトピックではなく、自分の仕事についての内容を書くので、楽といえば楽なのですが。)英語レベルがまったく追いついてない私は、そのボリュームのニュースレターとかレポートを書く状況になった時は、なんだかんだ言い訳してこっそり家で書いて翌日提出するという作戦でしのいでいます(汗)
pagetop