September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

35度30分洗いに対応できるイギリスの食洗機用洗剤

さんざん今までシカトして、リサイクルごみ置き場として活用していたディッシュウォッシャー(食洗機)を最近稼働させてみました。使う気もなかったので、どんな洗剤を使うのか、何分間洗うのが平均なのかも知らなかったのですが、どうやら通常モードだと2時間くらいぐるぐるするマシンなんですね。ただでも電気代に100ポンドくらい費やしているので、50度で2時間もぐるぐるされるくらいなら手で洗いますよと思ってしまうのは私だけでしょうか。

そして洗剤。

イギリスでは通常、食洗機用洗剤、硬水対策のための塩、リンスを使うのが普通らしく、それがめんどくさければAll in Oneタイプを選べばいいらしいです。(食器にリンスって・・・。そんなに不自然に輝いてくれなくっていいので体に無害にしてほしい。)

スーパーで手に入るメジャーなブランドの食洗機用洗剤は、30回分で8ポンドとか結構お高く、セーブするならスーパーの独自ブランドがお手ごろです。うちも最初はテスコの2ポンド弱のを使ってみたのですが、どうも洗剤が溶けきれず綺麗に洗ってくれませんでした。パッケージをよく読んでみたら40度以下では使わないようにと・・・(汗)同じくASDAの一番安いタイプのもうまく溶けてくれませんでした。特に何度以上で洗ってくれとは書いていないんですが、どこかで見かけたアドバイスを参考に、低温で洗う場合は洗剤を洗剤入れではなく食洗機の底にジカ置きするという作戦なら問題なかったです。

ちなみにうちのキッチンに備え付けの食洗機は小さめで機能もシンプル。1日分の食器を夜寝る前に1サイクルだけ使っています。イギリスの中でも硬水ではないエリアに住んでいるので、塩の心配もとりあえずなし。35度なら30分、50度や65度だと2時間くらい回り続けてしまいます。

なんとか35度30分洗いでも綺麗に仕上がる洗剤はないかといろいろ調べていたら、Phosphatesが入っていないエコな洗剤なら低温でも問題なく使えるらしいことがわかりました。(Phosphatesは高温で溶けるものらしいです。)環境にも体にも優しいPhosphate Freeで手のかからないAll in Oneタイプ、しかも街で手軽に購入できる洗剤、見つけました。

M&SのAll In One Lemon Dishwasher Tablets

洗い上がりよし。

22個で4.5ポンド。

個別包装されてないのもめんどくさくなくて合格。

おすすめです。

comments

   

trackback

pagetop