July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カーディフの歯医者

ウェールズの大学院(マスター)で勉強中の親族が、コショウの粒をガリっと前歯で噛んでしまったのがきっかけで、その歯が急に痛み出し授業にも出れず、まったく何も手につかないほどの痛みに襲われました。こちらでGPには登録していたので、ホットラインに電話してみましたが、やはり当日は予約がとれず、評判の良さそうだったプライベートの歯医者に行ってみることに。電話で症状を説明し、予約がとれたのは電話をした翌日でした。

カーディフのPontcannaにあるプライベート歯科、外から見るとただのフラットのようですが、中はとても綺麗で受付もまぁまぁ親切。しかし、診察で言われたことは「当院ではできない治療なので、アドバンスな治療も行っている他の歯科(スペシャリスト)を紹介します」でした。レントゲン、紹介状、5日分の抗生物質の処方に合計60ポンド。(だったら電話で最初からうちじゃできないって言ってくれたら他を探したのに)

待つこと2週間、そのスペシャリストの歯医者に行ってみると、またレントゲン、診察料で70ポンド。原因は差し歯の土台のあたりが炎症を起こしているので、差し歯を全部壊して診てみるか、差し歯の裏から穴を開けて薬を入れてみるかのRoot Canal Treatmentで選択は2つ。後者の場合、差し歯が壊れるかもしれない。(ちなみに、その差し歯は2年前に日本で10万で新調したものらしい。)

そして気になる治療費は、なんと700ポンド(約14万)。

この段階でもう笑うしかないんだけど、もっとびっくりしたのは、この治療で治る確率は70パーセント・・・と、堂々と告げられてしまったこと。(700ポンドあったら日本帰れる気が・・・)

この時点で、痛みもだいぶ引いてきているということで、今更プライベート歯科ではなく、待たされるかもしれないけど無料のNHS治療を行っているところを探し出し、電車で30分かけて行ってみる。見た瞬間「多分できないだろうな」というのが確信できる歯科だったそう。予感は的中し、39ポンドの診察料を払って帰ってきたらしいです。プライベート歯科で70パーセントの確率に700ポンド払うか、日本に帰って治療するか、帰国まで放置するか、決心がつかず何の治療もせず現在に至るそうです。

ちなみに、最初っからここに行っておけばよかったというカーディフのアドバンスな治療までしてくれるプライベート歯科はこちらです。

The Parade Specialist Dental Centre
https://www.oasisdentalcare.co.uk/platinum/parade-dental/

ロンドンの日系歯科でも電話で相談したところ同じくらいの見積もりか、ちょっと高いくらいでした。
渡英前にしっかり歯医者行ってきてもこんなことって起こってしまうんですよね。


 

comments

okoko さん、お久しぶりです!Pontcannaに住んでいたなんて、poshですね(笑)700ポンドで治療されたんですか?その後問題なかったですか?

海外での医療って、いろいろ調べてみると日本より進んでいたりしてびっくりすることもあるんですけど、イメージ的日本より劣っているとつい思ってしまうんですよね・・・

歯が痛くてA&Eって思いつきませんでした。鎮痛剤でもあるとないとでは大違いですものね。私はNurofenを常備してみたりしています。効きすぎてそれはそれで怖いんですけど(笑)

  • mistletoe
  • 2016/05/28 6:42 PM

以前ケンブリッジ英検のトピックで度々コメントさせていただいたokokoです。数年前までカーディフ(まさにPontcanna)に住んでいたので、懐かしくなって出てきてしまいました。

当時私が歯が痛くなったときも、プライベート医療→Root Canal treatmentの専門家という流れをたどり、治療費700ポンドでした。英だとクラウンはセラミックがメインというのもあり、治療費が高いのですよね。

ちなみに歯が痛すぎたけど3日後しか予約が取れなかったので市販の鎮痛剤を飲みながら耐えていたのですが、それを話したら英語の先生にA&Eに行けば良かったのに、と言われました。歯痛でA&E行っても鎮痛剤渡されて終わりな気もしますが、家に薬がなくて薬局が開くまで待てないときはいいかもしれませんね。

  • okoko
  • 2016/05/26 10:16 AM
   

trackback

pagetop