September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

まだ定価で買える日本戦 ラグビーワールドカップ2015

2019年のラグビーワールドカップ開催国はなんと日本。そんなニュースもオリンピックやサッカーなんかに比べると地味に流れていた気もしますが、今年2015年の開催国はなんとイギリスです。イングランドとウェールズの首都カーディフで9月18日から10月31日まで開催されるワールドカップゲームを、ラグビーの本場イギリスで観戦できてしまうんです。そしてそのチケットが、オフィシャルサイトを通じてまだまだ定価で買えます!もちろん日本戦も!

Rugby World Cup オフィシャルサイト

わたくしは、日本対スコットランド戦、それからカーディフで行われるウェールズ対ウルグアイ戦の合計2ゲームを予約してみました。残念ながらもう完売になっている試合もありますが、再販される可能性もあるみたいですね。本当はブライトンの試合のが欲しかったんですが、完売のまま動かず・・・。

ちなみに、日本対スコットランドが行われるスタジアムは、ハリーポッターの魔法学校ロケ地に近くで、(ラグビーとは関係ないけど・・・)全会場のうち2箇所しかない「スタンディング」がある競技場です。立ち見で試合を見るのが「トラディッショナル」だったんだとか。そういえば、JamiroquaiのコンサートもO2アリーナよりJazz Cafeのスタンディングの方が何倍も楽しかったよなぁなんて思いながら、ついつい「スタンディング」にしてみました。一人あたりたったの35ポンドでした。

チケットのオフィシャル販売サイトはこちら。アカウントを作ると、空席状況などがチェックでき、チケット完売の試合の再販日お知らせメールが届いたりします。予約が完了すると予約番号がメールで届き、チケットは登録住所あてに7月1日以降に発送されるんだとか。登録住所がイギリスの場合はロイヤルメールで、日本の場合はDHLで届くらしいです。待ち遠しい〜

Top 10 Places to eat and drink in Cardiff for rugby fans
Top 10 Places to eat and drink in Gloucester for rugby fans


 

comments

   

trackback

pagetop