November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢字検定の結果とSpirited Away

あけましておめでとうございます。

日本ではとっくにお正月休みも終わって通常出勤に戻ったところがほとんどでしょうか。イギリスは元旦(休日)と週末が終わり、今週月曜日あたりから通常に戻った感じです。ここのところとても寒く、雪も降ったりして大変です。車で通勤途中に初めて「スリップ&回転する」というのを経験しました。しかも2回ともランダバウトで・・・

お正月は同僚が作ってくれたおせちのお煮染めで日本のお正月気分を味わい、今まで1作品たりとも見たことがなかった宮崎 駿作品の中で、友達が一番良いと言った「千と千尋の神隠し」を観てみました。


終わった後、この作品のメッセージはなんだったんだろうと、結構真剣に考え込みました。貸してくれた友達や強烈にこの作品を勧めていた友達(日本人以外)に聞いてみたところ、「そういうことを考えずに純粋に感動すればいい」んだそうで・・・。後日、日本語のWikiをチェックして(「カオナシ」のキャラのところとか)初めて感動しました。でも多分アニメはもう見ないかな・・・



さて、昨年末にイギリス人の同僚Jちゃんと受けた漢字検定の結果が年末に届きました。ウィスキーなしでは開封できないというJちゃんの休みの日まで待って二人でパブへ・・・

二人とも合格していました。
(でもJちゃんのほうが1点勝っていました。汗。)


私が使ったのはこのテキスト。最後についているパート別の「でる順」などからはほとんど出題されませんでした・・・


過去問形式になっていたので、ひたすら問題を解いているうちに点数は上がっていきました。過去に記憶したことの無い四字熟語だけは何回やっても点数がとれませんでしたが、当日までにいくつか覚えて7割正解できました。全問正解しようと思っていた「読み」はまんまと2つ間違い、対義語・類義語だけは全問正解出来ました。ちなみに、昨年度の準2級の合格率は43.3%だそうです。



合格証書と一緒に届いた合格証明書にこんなことが書いてありました。

「漢検」合格者には、次の能力が備わっていることを証明いたします。
ーすべての学力の基礎となる漢字の読み書き能力
ー文章の作成・読解に役立つ豊富な語彙力
ー目標に向かって果敢に挑戦する積極性



「資格は、その人の知識というよりは、資質を表すものだ。」とあるのは勝間和代さんのこの本でしたかね・・・。ネイティブが準2級に受かっても資質を表すというほどの挑戦度ではありませんが、それでも今回の受験はいい経験になりました。きっかけをくれたJちゃんに再度感謝感謝です。




この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
敷居低めでinformativeなブログをめざしてます。メールはお気軽にこちらまで。



世界遺産とクリスマスパーティー

昨日、チャイニーズレストラーンチェーンのクリスマスパーティーに参加させてもらいました。私以外(約60人くらい)は全員チャイニーズスピーカーで、パーティーの進行も中国語。ところどころ英語に訳してもらいましたが、ぽけーっとしている間に中国人・マレーシア人のワイングラスの持ち方を観察してみたら、全員「ステム」でした。あれ・・・おかしいな・・・



さて、これとは別にロンドンであった2つのクリスマスパーティーで痛い思いをしました。若干ポッシュめなパーティーだったのですが、世界遺産の質問をされてしどろもどろに・・・。来年のクリスマスまでにがんばろうと思っていた数日後の別のパーティーでもまた世界遺産ネタが。同行していた友達が歩くウィキペディアのようにめちゃくちゃ詳しかったので私は聞き役に回ってスルーしてみました。

前から気になっているといっていた世界遺産検定、早く手を付けておくべきでした。特に資格が必要なわけではないですが、期限が無いと永遠に勉強を始めなそうなので。世界遺産は世界の共通言語だと本田直之さんがコメントしているこちらのサイト、読んでいるだけでじわじわとその必要性を実感します。最近、世界遺産検定の公式ページに認定者の声などがぞくぞくアップされているのですが、このなかの10代の認定者の方のこちらのインタビューもびっくりしますよ。

私が1冊だけ持っている2007年6月の公式解説集は世界遺産の名称が日本語のみで記載されています。英語併記がしてあったら助かるなぁと思うんですが最近のはどうでしょうか。



この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
敷居低めでinformativeなブログをめざしてます。メールはお気軽にこちらまで。
イギリスで暮らそうっと! top page

漢字検定 in London 受験しました

ロンドン漢字検定準2級を受けて来ました。

漢検問題例

ランゲージエクスチェンジをしているイギリス人のJちゃんが受けるというのがきっかけで、私も今回一緒に同じ級を受験してみることにしました。

日本にいる頃から漢字は苦手、小中学校の時も苦手でした。手書きで物を書く事も少なくなり、自分の名前を漢字で見る機会さえ少なくなり・・・予想以上に漢字書けなくなってました。読みはまだどうにかなったとして、書くのは相当大変でした。四字熟語は今回勉強するまで聞いた事も無いようなものがたくさん登場し、自分の教養の無さを知る機会になりました。


このテキスト1冊買いましたが、全部覚える前に受験日がやってきてしまいました・・・


会場はロンドンのラッセルスクエア駅近くにあるSOAS、意外と地味な感じでした。



かな〜り前に日本で受験した時は、それはそれはすごい人数の日本人(あたりまえですが)が家族で受験しに来てたりしていた記憶がありますが、今回のロンドンの会場ではほとんどが外国人、それから日本人っぽい子供を見かけました。日本人のオトナ、私だけだったんでしょうか。外国人の方たちは、日本のテキストを持っている方、洋書でKANJIと書いてあるテキストを持ってる方、iPhoneで漢字を見ている方などなど、試験直前までみなさん超真剣でした。

8・9・10級は多分外人のみ
5・6・7級は外国人と日本人の小学生くらいの子を発見

Jちゃんと私は準2級

ロンドン会場で今回最上級だったのは準1級を受けた外国人の方だと思います。

会場を案内してくれたのは日本人の方でしたが、英語で説明してくれました。ちょっと不思議だったのは、パスポートなどで本人確認をされなかったことでしょうか。

結果は2ヶ月待たないといけないらしいです。ただ、問題用紙を持って帰る事ができたので、なんとなく点数の予想はつくんですが、Jちゃんの方が出来が良かったような感じです(汗

試験の翌日、イギリスの郵便局のストにもめげず、日本から買った本が無事届きました。約300ページの本を読み終えて気がついたのですが、ちょうどその準2級の問題集にあった四字熟語や漢字がたくさん登場しました。今までは自分が知らない漢字だったので、読み飛ばしていたんだろうなと思います。

きっとこんな機会でもなければ一生あえて勉強することなんてなかっただろうと思われる漢字、Jちゃんに感謝します。何かを学びたい時は期日がある試験に申し込んで強制的に勉強するというのがてっとりばやいということと、試験を受けるときは友だちと一緒に受けた方ががんばれることを実感しました。ここのところ忙しかったので、ぶっつけ本番にしようと何度思った事かわかりませんが、Jちゃんが本気で勉強しているだろうと思うとテキストを開かずにはいられませんでした。試験の帰り道、「明日からは来年に向けて次のステップの勉強を始める」と言ったJちゃんの一言が、しばらくのんびりしようと思っていた私の心に突き刺さりました・・・

二人とも受かっている事を祈ります。



この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

敷居低めでinformativeなブログをめざしてます。メールはお気軽にこちらまで。




12>|next>>
pagetop