July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イギリスでドイツ車のタイヤ空気圧設定

イギリスで運転してもうすぐ6年。去年の夏に買ったPoloが、最近なんだかスピードが出ないので、タイヤに空気入れに行ってみました。(そういう問題なのか・・・)

空気圧をどう設定するのかドライバーズマニュアルを見てみると、「inflation pressure はtank flapの内側(ガソリン注入口ののフタの裏)を見てね」と1行書いてあるだけだったので見てみると、


・・・いや、そうじゃなくて、30前後のはずなんだけど。ガソリンスタンドにある自分で空気入れるマシンだって、2,2とか、2,0とかいう表示は無いし、だいたいbarって何?そのコンマは何?自分の車はこの欄のどこを参照するの?と、疑問がいっぱいでした。


どうやら、この左にある165/70 R14 81Tなどの数値は、タイヤの周りに印されている数字(tyre lettering)で、タイヤの幅、ウィールの直径、キャパシティーコードなどの情報らしいことを知りました。そして、2,2や2,0は空気圧をbar(バール)で表した場合の数値で、イギリスで使われているPSI(pounds per square inch)におおざっぱに換算するには15を掛ければ良いらしく、乗車人数を考えると、自分のは前方の2つには33、後方の2つには30ということがわかりました。日本だとkPa(キロパスカル)の220と200になるんでしょうか。そこまでマニュアルに書いておいて欲しかったんだけど・・・。私が無知すぎただけなんでしょうか。

何かあって修理にいかないといけなくなった時、あまりにも無知だとガレージにボラれるといけないので、関連してそうな部分だけ熟読するマニュアル、今回ところどころ読んでみたら、初耳なことが盛りだくさんでした。「ガジェット類のマニュアルは、必ず全て熟読すること。そうじゃないと、便利な機能があることに気がつかず、結果的に時間を損するから」と書いてあったこの本を思い出しました。


車デビューした頃から、車内にコピーを置いてあるロングマンのフォトディクショナリーと、ロングマンコンテンポラリーディクショナリーの、これらのページを久しぶりに見てみたら、いろいろ書き込みがしてあった(汗)運転しはじめた頃の自分はもっと必死だったらしい・・・



この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

イギリスでシール剥がし液

2011年の夏、中古の車を買いました。前のオーナーは医者だったらしいので、買ったときは病院に駐車できるステッカーとか、貼りっぱなしにしてあって、それは何とかガムテープを使ったりして剥がすことが出来たのですが、どうしても後部にってあるディーラーステッカーがとれません・・・。この「がんばってみたけど、とれませんでした」みたいな跡が悲しいです。


これ、超青いステッカーだったんです。グーグル検索でヒットした体験談を元に、ガソリンやドライヤーなどを使ってトライしてみてもどうしてもとれなくて、家具修復士の友達と一緒にホワイトスプリットで拭いてみてもだめで・・・。ジェルネイルを剥がすときに使っていたアセトン除光液を使ったら、とりあえず青いステッカーは透明になりました。それから、アマゾンUKでレビューが良かったこちらを試してみたんですが、まったく効果なし。(小さい方は3ポンド弱だったので許しますけど)



日本のお店だったらもっといいのがあるんでしょうか・・・。何かいい方法をご存知でしたら教えてください。

この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

 イギリスで自動車保険

イギリスで自動車保険

8月に追突事故でイギリスで初めて買った車を廃車にしてしまいました。ちょうどその1週間後くらいに引越しをしたので、バス通勤でも問題ない生活になったのですが、5年も車通勤してしまうとやっぱり今さらバス生活というのはものすごくストレスで、この本のアドバイス通り通勤時間をあえて長くして勉強にあてるというのも検討したのですが、結局1ヵ月後に2台目の車を買ってしまいました。


イギリスでは、自動車保険の加入が義務付けられて、私は今まで5年間Direct Lineの保険に加入していました。車を替えて見積もりを再度とっても、保険会社各社を比較するサイト(confuse.com)で検索した一番安い保険会社よりも安かったので、引き続きDirect Lineで契約しようとしたのですが、意外と日系保険会社が安いと聞き、試しに見積もりをとってみたら、本当にびっくりするほど安かったです。日系のサービスって、ちょっと高くても日本的なサービスを日本語で受けたい時に利用するものというイメージだったのですごく意外でした。

契約したのは、日系フリーペーパーにもよくアドが出ているモーター一番。車種や無事故年数、住んでいる場所にもよるだろうけれど、私の場合は9年以上の無事故無違反で、Poloのオートマ。こちらの保険に乗り換えてセーブできた金額は年間約250ポンドでした。Direct Lineの見積もりの約半額です。モーター一番から見積もりをメールでもらった際にWhat's the catch?? と思って、契約前に条件を詳しく読み、Direct Lineと比較したのですが、引っ掛けどころかお得になる条件だけが見つかりました。例えば、年間の走行距離は関係ないとか、こんなに安いのに修理中の代車サービスがあるとか。

イギリスでは最近、自動車保険が一斉に値上がりしましたが、こちらの保険は日本人をターゲットに特別にアレンジされたもので、その値上がりのあおりを受けてないんだそうです。国際結婚などの場合、例えば奥さんが日本語で契約することができるならいいそうです。(それも若干不思議だけど)自動車保険検討されているなら、日系保険会社も比較してみるのもいいかもです。


モーター一番、この方を連想してしまうのは私だけでしょうか。




この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ


12>|next>>
pagetop