September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

英検1級・ケンブリッジ英検CAE合格体験インタビュー

イギリス在住で、ケンブリッジ英検仲間でもあるHoneystone留学サービスの牧瀬さんをインタビューしてみました。ロンドンの語学学校選びに失敗したくなかったらここ!っていう学校があるんですが、牧瀬さんは以前そちらにお勤めだった関係で友達になりました。(当時、その学校のケンブリッジ英検のイブニングコースに通おうかな・・・などと思っておりました。)
以前に合格されているケンブリッジ英検 Advanced (CAE)と英検1級の合格体験談です。



1.現在の職業について簡単にお伺いできますか。
イギリスのコッツウォルズ地方はチェルトナムという街で独立して留学エージェントをしております。以前はロンドンの語学学校で日本人スタッフとして常勤で8年ほど勤務しておりました。
 
2.在英どのくらいですか。
在英期間は2001年に学生で滞在したのを含みますと合計で11年近くになります。
 
3.なぜイギリスに渡ったのですか。
日本でイギリス人の妻と生活しておりましたが妻の父が大病にかかったことをきっかけにイギリスで生活することにしました。またきっと彼女はホームシックにもかかっていたようにも感じました。私も長い人生のうちイギリスに行って何年か生活してみてもいいのではないかという軽い気持ちで渡英してあっという間に10年が過ぎていました。笑。今ではわたしがホームシックです。
 
4.日本にいらっしゃった頃の英語レベルはどのくらいでしたか。
大学1年修了時に休学してオーストラリアに1年間ほどワーキングホリデーに行きそこで英語の基礎を築きました。帰国後すぐに英検2級に合格したのを覚えています。その後嫁さんと出会いそこから会話力が着実に付いていったように思えます。また英会話喫茶で週末アルバイトしていたことが英語力の向上に繋がったかと思います。大学を卒業した後イギリスに1年間語学留学し日本に帰国してすぐに受けたTOEICのスコアは835点でした。たいしたことありませんね?
 
5.英検1級合格体験をちょっと教えてください!
正直私は本当に英語のセンスがない人間だと自負しております。とにかく机に向かって勉強するのが大の苦手なんです。そんなことなので英検1級の1次に合格するのに10回ほど受験しました。お恥ずかしい限りです。ただ自分の中では小学校から受験してきた英検。その最上級の資格を取得したいという強い気持ちは前々からありました。準1級は2005年度に合格していたのですが準1級の準がついているのがかなり気に食わなかった。笑。まあ自己満足の世界ですよね。そしてイギリスに長く住んでいて英検1級すら受からない自分を恥ずかしく思いかなり嫌気がさしていました。ここで諦めたら一生合格できないと思って。またいつ日本に帰ることになるかも分からない。その時は日本で英会話学校を嫁さんとやりたいという夢が実はあります。英検1級あればどうなるっていうわけでもないですがひとつの到達点として考えていました。また多少なりとも自分の英語力に自信が持てるかなと。(逆に合格してみたらこのレベルではマズイと思いましたけどね。)
 
2012年にケンブリッジ英検のCAEに合格したので近いうちに英検1級は合格できると思っていました。ただ受けるたびに1−3点足りなく何度も悔しい思いをしました。とにかく単語が私には難しすぎました。旺文社のPass単とiPhoneのPass単アプリを同時併用し寝る前や時間のあるときに利用していました。またTIMEを1年購読しリーディング力の強化にも努めました。ライティングに関しましてはCAEのライティングの応用が効きましたのでそれほど力を入れませんでした。ただし時間配分、しっかりとした起承転結の文を書くことを心がけました。あとは自分に興味のあるトピックが出題されるかどうかという運もあるかと思います。
 
2次試験に関してはあいにくギリギリですが一発合格することができました。ネットをみると色々と難しいことが書いてありますがとにかく、アイコンタクトを必ず取りながら大きな声で自信を持って堂々と話しつづければ合格すると思います。もちろん、あまりにも話す内容、質問の答えがずれていたら話は別ですが。ただし、かなり緊張します。久しぶりにあれだけ緊張しました。タイムキーパーも含めて3対1の訳ですから。2時試験に関してもトピックの選択肢の内容が合否に左右されそうな気がします。日頃からニュースやTIMEで色々な分野の情報収集が不可欠です。そんなこんなで2014年秋にようやく合格したといった感じです。
 
6.英検1級、ケンブリッジ英検CAE対策のおすすめテキスト教えてください!

英検1級に関しては旺文社の英検1級PASS単とTIMEの購読。
こちらのブログがかなり参考になりました。http://dokugakuenglish.com
 
ケンブリッジ英検CAEに関してはFlo-joeを購読して勉強。http://www.flo-joe.co.uk/fce/students/
 
Cambridge ESOLが発行しているCAEの過去問とTop tips for CAE
ライティングはネイティブの先生にチェックしてもらえれば最高です。


  
 
私は当時ロンドンのインターナショナルハウスという語学学校で勤務していたためラッキーなことに無料でCAEの準備コースに参加させて頂きました。ここの講師陣は本当に優秀で時にスピーキング、ライティング力が向上しました。
 
7.英検の勉強のなかで、ケンブリッジ英検に役立たせられそうって思ったことありますか。
英検1級とケンブリッジCAEを比べてみると私にとってはCAEの方がはるかに受験時間が長く、辛く難しかった気がします。CAEのライティングの勉強をしっかりすれば英検1級のライティングに関しては容易に感じられるかと思います。またTIME購読そして英検1級の単語をマスターすればCAEのリーディングにかなり役立てそうな気がします。スピーキングに関してましては異なったテクニックがそれぞれ必要になってくるかと思います。

8.ずばり、次の目標は何ですか。
次はケンブリッジCPEと言いたいところですが今のレベルではきっと難しいでしょう。日本の国家試験通訳ガイドまた通信のイギリス大学院で翻訳を勉強していたいです。また英語教授法Trinity College TESOLにも興味があります。
 
9.これから英検1級、ケンブリッジ英検CAE目差すみなさんにひとことお願いします。
英検1級そしてケンブリッジCAEは結構チャレンジングで根気のいる試験かと思います。ただし継続して英語をインプット、アウトプットしていれば必ず合格できる試験です。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たるです。」決して諦めないこと。何回不合格でも受け続けて下さい。めげない粘り強さが大切かと思います。Good luck !



・・・二児の父でもある牧瀬さん、育児とご自分のビジネス、試験勉強、トライアスロンなど、なんでもこなしてしまって本当にすごい方です。これからもケンブリッジ英検仲間として情報交換していきたいと思います。牧瀬さん、お忙しいところどうもありがとうございました!
 

アメリカ英語スピーキング上手のボスが使ったテキスト

今働いている会社は残念ながら英系ではなく仏系。私のボスは電話だとおそらく日本人とは分からないアメリカ英語を話すので、いったいどうやって身につけたのかしつこく聞いておりました。だってバックパックでアメリカに1年行っていただけじゃ、話せたり上手に書けたりすることが出来るようになると思えなかったから。ランチのオーダーの時など、滑舌悪い(本人談)上に声のボリュームが小さくて店員に聞き返されるのに、英語になるといきなり流暢に通る声で話しているのがほんとに不思議です。質問すること多分10回目、やっと少し教えてくれました。

会話中心のテキストを選び、ひたすら付属CDを聴く。
(その際、リズムを意識して聴く。音と音がどのようにつながっているのか注意を払う。)

そして、わからなかったところはスクリプトと解説を読む。

ぶつぶつ言ってみる。

・・・だそうです。

ほんとにそれだけ?

ちなみに、そのボスが使い込んだのはこれだそう。書店で付属CDのサンプルがかかっていて、ネイティブスピードに近いと当時は感じたんだそう。CDの最初の方は面白くないけど後半が楽しいんだとか。使い古してあるそのテキストを借りてみたらいっぱい線が・・・

同じシリーズのビジネス英語版のも、本当に役に立ったとか。そして、最近イギリス英語は独特のリズムがありぜんぜんわからないからイギリス英語版も買ったそう。(本当にひたすらこのシリーズのこの学習法をひたすら続けたらしいです。)

アメリカ英語のリズムから入ったので、イギリス英語みたいにクリアに話されるとわかんなくなるんだとか。Live from Londonの付属CD聞きながら、「これこれ、この独特のリズムだよ!イギリス英語。」「あー、ここ、ここ!超イギリス英語!」と、勝手に盛り上がっているボス、私には何が独特なのかまったくわからず、ぜんぜん面白くないんですけれども・・・。

でも、そんなにかっこよく話せるようになるなら、ちょっとまねしてみようかな。もちろんイギリス英語のテキストで。

この方法をイギリス英語の洋書テキストでするなら、このへんでしょうか。

Practical Everyday English
Steven Collins,...
 

アメリカ英語の生の会話だったら、テキストではないですが結構こちらもいける気がします。

ライティング編に続きます。(そのうち)

Twitterボタン

 

友だちインタビュー アンティーク家具修復士・ディーラー 岩田年史さん

以前、イギリスタンフォードの邸宅バーリーハウスで、日本人初の家具修復士として働く岩田年史(いわた・としふみ)さんを紹介させていただきました。「世界を変える100人の日本人」など、テレビ番組で特集され、日本から取材依頼が続いているとか。


日本での放送は家具修復士として海外で働くとしさんを特集したものが多いと思うので、今回は渡英準備などについてお話し伺ってみました。


大学入学にあたって、英語の準備は何かされましたか?
イギリスに行きたいと強い気持ちはあったのですが、安定した仕事があったのでとても迷っていたんです。たまたまイギリスの大学のリサーチの為に行った東京のブリティッシュカウンシルで、ちょうどIELTSの無料プレイスメントが開催されており、英人教師とのインタビューと筆記試験などを受け、IELTS中級に入れると言われました。週に2回夜間に通うコースで、確か1ヶ月で10万円くらいだったと思います。英語教育期間の相場が分からなかったので、同業の友人に相談したところ妥当な料金ということだったので決めました。


そのコースは自分にどのように影響しましたか?
正直授業内容はあまり覚えていないのですが(笑)、迷いながら入ったコースだったんですが、本気で大学・大学院を目指しているメンバーばかりで、彼らの姿を見て「迷っていても仕方がない」と思うようになりました。英語の勉強もためになりましたが、一番の収穫は仲間からエネルギーをもらったことです。このコースに入らなければイギリス留学していなかったかもしれません。

以前にもイギリスで勉強されたことがあると伺いました。
そうですね。チェスターに9ヶ月、語学留学をしたことがあります。その期間で、特にリスニングが強化されたと思います。現実として毎日英語に触れていなければいけないですからね。

どのように英語学習に取り組んでますか?
特に英語学習という意識は無いです。興味がある歴史やアンティーク関係の英語に偏りがあると思いますが、職場であるバーリーハウスはイギリス人ばかりですし、趣味のアンティーク関係のリサーチは本でもネットでも英語がほとんどですから自然と楽しく身に付けられます。アンティークディーラーと話すことも多いですからね。アンティークについてならエンドレスに話せますよ(笑)アンティークに国境は無いです。

お薦めのツールとか、テキストはありますか?
グラマーインユースインターミディエイドは文法を身につけるのにも、会話にも役に立ちました。これのアドバンスも持っていますが、ボリュームが多いのと、英語そのものが好きなわけではないので、手付かずになってます。


それから、電子辞書はいいものを選ぶということでしょうか。僕は今、当時一番グレードの高かったセイコーのSR-E8600を使ってます。イギリス系の辞書が入っているということと、広辞苑がとても役に立っています。ネットが使えるようなオフィスでの仕事ではないので、仕事中に歴史などを調べるのに便利です。僕は節約家ですけど、いいものにはお金出しますよ(笑)



最近は、家具修復士としてだけでなく、アンティークディーラーとしてもお仕事されている岩田さん。日本からアンティークを買い付けに来る方のガイドや、依頼があれば仕入れ買い付けもされているそうです。

岩田さん連絡先:kagucafe(アットマーク)gmail.com

***

お話しを聞きに行った日は、恐らく今年イギリスで一番暑かった日。バーリーハウス敷地内にあるインテリア雑誌に登場しそうなとしさんの家で、日本風な鍋やりました(笑)としさん、お忙しいところありがとうございました。



この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ


12>|next>>
pagetop