July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

英語耳シリーズ新作! 英語耳ボイトレ

「一番おすすめの英語教材はなんでしょう?」と聞かれたとしたら、日本のテキストだったら絶対に単語耳/英語耳シリーズと答えると思います。自分が発音できるようになったかどうかというよりも、リスニングに超即効性がありました。即効性です。

予定はかなり遅れて、私は現在実践編Lv.2の真ん中へんをうろうろしている状態ですが、今日新しいシリーズが出ていたのを発見してしまいました。

英語耳ボイトレ 発声術を学べば一発で通じる、聞き取れる
松澤喜好/クレア・オコナー/福島英 著


はじめにより抜粋
TOEIC で満点近くを取っても、英検で 1 級をとっても、海外に住んでみても、なぜか英語の聴き取りにいまだに苦労している。とにかく会話が弾まない、ネイティヴが自分と話す時にストレスを感じているようだ こんな方々への特効薬として、この本のレッスンは構成されています。英語学習のより早い段階で本書のレッスンをするほど、その後の効果は高まり、英会話学習が楽になります。読者対象は、初心者、中学生から中上級者(TOEIC 900 点以上)、英語圏への留学者/駐在員までです。

「日本人の英語が通じないのは、なるべく息を吐かないようにして、ぼそぼそしゃべる人が多いからだ」というのが福島氏の持論です。英米人と日本人とでは、実は肺や体の筋肉を使った息の吐き方に決定的な差があり、それがコミュニケーション不全の一因となっているのです。これが、クレア氏、福島氏との議論の中でよりはっきりしてきた、「リスニングがいつまで経っても100 %にならない」第三の理由です。『英語耳』『単語耳』のいささかスパルタ式だったレッスンについて来られなかった方も、すでにそれらで発音をある程度マスターしている方も、本書のレッスンをぜひ日常の習慣に取り入れていただきたいと思います。


私は日本語でもかなり滑舌が悪く、話し方がおかしく(?)、声も小さく、それに輪をかけるように論理的に話せないタイプです。なのでこのボイトレ、非常に興味が・・・。

去年、こんな本を読んでみたりしましたが、実行していない為、効果は出てません(汗。



英語耳シリーズのボイトレなら実行できるかも? 成功体験(リスニング部分についてですが)があるから洗脳されてしまった単語耳シリーズ。おすすめです。

この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか?
Yesにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へテクノラティお気に入りに追加する
敷居低めでinformativeなブログをめざしてます。メールはお気軽にこちらまで。

The Apprenticeと単語耳

スペルミスの彼が採用になった「The Apprentice」の最終回見ましたでしょうか?

今回はシリーズ4ですが、確かシリーズ1の時、最後に言われる「Hired」が「Fired」と聞こえてしまい、一人だけかなり遅れてどっちが勝ったのかを知ったのは何年前のことだったか・・・。いや、そんなに前の話でもないですね。

単語耳さえやっていれば、せめて最初の1冊だけ終わらせてからイギリスに来ていたら、間違いなくそんなことはなかったと断言できます。



このBBCの大人気シリーズThe Apprentice、本も発売されています。2冊とも持ってますが、これはケンブリッジビジネス英検BECのVantageやHigherなどのスピーキング対策にばっちりなんですよ。蛍光ペンひきまくったのですが、そのほとんどを忘却していることに最近気がつきました。



ちなみに5シリーズ目の挑戦者を募集中のようです。日本人が登場してくれたら面白そうですね・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

テクノラティお気に入りに追加する




単語耳Lv.3、Amazon入りました

待望の単語耳Lv.3、ついにAmazonに入りましたね。



さすがに正誤表はまだupされてませんが、あまりミスがないことを祈ります。

すでにAmazonマーケットプレイスで販売されているのは今のところ海外発送もする方のようなので、今買おうかどうか迷っております。

実はLv.2がまだ終わってないんですよねぇ。
Lv.3を見て、「よし、がんばろう!!」と気合いを入れ直したい気分です。

ちょっと前のエントリーでご紹介した、レバレッジ英語勉強法で本田さんが言うところの「即効性」「遅効性」、単語耳は「聞く」という点では「即効性」、自分が「発音する」という点では「遅効性」ではないかと思っています。なんども書いておりますが、これほど短期間で効果を感じた教材は発音以外に関する英語のテキストでも無かった気がします。なので、かなりの根気が必要なトレーニングではありますが続いているのかと・・・

<単語耳 Lv.2より>
family(家族)のmiの部分、発音にiは入ってなかったんですねぇ。単語耳トレーニングをしていて発見し「本当か?」と辞書を引き直した記憶が・・・汗。

angel(天使)のanの部分にiが入っていたんですねぇ。思いっきりenと発音してしまっておりました。天使なんていう単語を使う機会がそうそう無かったのが幸いです。

かといって、単語耳ばかりやっているのもだめなようです。同時進行で読書や音読なども行うとレバレッジがかかるようです。ここ数ヶ月、超リサーチしてイギリス英語/CD付き/中上級者用/洋書/スピーキング中心という私の欲望をすべてクリアした(であろう)テキストを昨夜注文しました。届いたらまたレビューしたいと思います。

では、最後に単語耳 Lv.2の49ページから「なるほど!」と思った1行をご紹介します。

「発音の習得は、自分で気づいて修正して行くことのくり返しです。他人が気づいても、あなたは変身できません。付録CDを真剣に聴いて、自分の発音と比べながら100回発音しましょう。」


単語耳のフェーズ
第一弾(Lv.1)JACET8000の最初の1000語をマスター
日常会話がなんとか出来るレベル

発売中

第二弾(Lv.2)次の2000語をマスター(累計3000語)
TOEICで800点がとれるレベル

発売中

第三弾(Lv.3)次の2500語をマスター(累計5500語)
英米人と自然に会話が出来るレベル

(2008年4月21日発売予定)

第四弾(Lv.4)最後の2500語をマスター(累計8000語)
英米人と立ち入った議論も出来るレベル
(2008年秋頃発売予定)



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ



私に助言をくれた本たち

テクノラティお気に入りに追加する
123>|next>>
pagetop