July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「生き方」の英語翻訳版

一時帰国中に、リブロ(西武デパートの書店)に行きました。

仕事関係で買おうと思った本があったコーナーで、なんとなく目に付いた「JAL再生」、それとその隣にあった「生き方」を機内で読みながらイギリスに戻ってきました。読んでいなかったことが恐ろしい、感動の2冊でした。


JALが奇跡のV字回復を成し遂げたビジネスの方法論かと思いきや、人間として一番大切なことに基づいた行動哲学の本。読んだらいろいろと自分の行動や思い(特に仕事に対しての)が、反省を通り越して恥ずかしくなってしまいました。

この「生き方」は海外8カ国で翻訳され、実は日本よりも中国の方が売れているらしいです。中国の日本への批判が高まり、本屋の棚からどんどん日本の本が外された時期も、この本だけは残ったという一冊、英語版をイギリス人ボスのためにオーダーしました。







「心が呼ばなければ、やり方も見えてこないし、成功も近づいてこない。だからまず強くしっかりと願望することが重要である。そうすればその思いが起点となって、最後には必ず成就する。誰の人生もその人が心に描いたとおりのものである。同じような能力をもち、同じ程度の努力をして、一方は成功するが、一方は失敗に終わる。この違いはどこから来るのか。人はその原因としてすぐに運やツキを持ち出したがりますが、要するに願望の大きさ、高さ、深さ、熱さの差から来ているのです。」

この本を思い出しました・・・



この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ

英国式スキルアップ 話す力

一瞬、語学学習の本かと思ったら、自己啓発本。アマゾンUKでもなかなかレビューのいい本たちの翻訳本が発売になったみたいです。

話す力には、会話を始めるヒント、会話を続けるコツ、言ってはいけないことを口走ってしまった時の切り抜け方、シンプルかつ使いまわしのきく会話の基本スキルがこの1冊で身に着くと書いてありますね。気になります・・・


英国式スキルアップシリーズ




この情報はおもしろかった and/or 役に立ちましたでしょうか? 
Yesにほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ


もしあの時、違う道を選んでいたら

定期購読しているクレア・トラベラーの最新号がオフィスに届いて、電話しながらパラパラっと見てたら、ドゥガの写真が目に入ってきました。それは、阿刀田高さんが過去にカルタゴに因んだ本を書くために訪れたチュニジアのことを語っている「私の最高の思い出」という連載ページでした。
その旅行の後、「もしもハンニバルがローマに勝っていたら」と、「あの時、違う道を選んでいたら」をかけてある「海の挽歌」という小説が出版されたらしいです。1992年出版なのですが、残念ながらもう絶版らしく、アマゾンのマーケットプレイスで買いました。ちょっと結末が悲しすぎて、違う道を選んでいたほうがよかったんじゃ?とつい思ってしまいましたが・・・
「人生なんて、右へ行くか左へ行くか、分岐点の連続だろ。あのときあっちの道へ進んでいたら、どうなっていたか、その後の人生がまるで変わっているようなことっていくらでもあるじゃないか。一つの道を選ぶたびに、無数の可能性を消していく。一つの人生の陰には、こうして消えていった人生の幻が山のように存在しているわけだろ。一種の亡霊だな。実態はなにもない。ただ、もしかしたらあったかもしれない人生がいっぱいさまよっている。」
 
12345>|next>>
pagetop