November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

片道航空券を購入したい

留学などで1・2年イギリスに行く場合、どの航空券を買っていいものか悩みますよね。片道航空券は高いし、往復にすると長くても1年オープンのものが多いので、結局使えない。そこで考えてしまうのが、安い往復航空券を買って復路を放棄するっていう方法です。私も今回こういう状況に遭遇し、航空会社数件に問い合わせをし、復路をキャンセルした場合でも返金がないけど追加請求もないというところをしっかり確認した上で、復路放棄してしまいました。罪悪感から復路はがらがらで満席にならないであろう日を予約してはいたものの、やっぱりこれはやるべきじゃなかったと思うんですが・・・。航空券のタイプによっては、復路をキャンセルした場合、片道航空券を買った場合の料金との差分をプラスで追加請求されるなんてことがあるみたいなので要注意です。スカイスキャナーなどで航空券検索をすると、片道でも安い航空券を販売している旅行会社があるので、そちらを使ってみたりするのが妥当だったかもしれません。

約2年前、イギリスから日本に帰った時も片道航空券を買おうとしたら往復よりも高くて、いったいどうしようかと思っていた時に、航空会社のマイレージがちょうど片道分のチケットをカバーするくらいたまっていて、Taxだけ支払って予約することができました。航空会社のマイレージ、地味に貯めているとそんないいことがあるかもしれません。

そんなわけで、無事ウェールズ入りしています。

失くしたスーツケースの鍵を破格で作成

渡英にあたり、実家にあるスーツケースを借りてみました。なんでこの色だったんだろう・・・ゴールド。


TSAロック対応でダイヤルナンバーが付いてないタイプのスーツケースなのですが、どんなに探しても鍵が見つからず、サムソナイトに聞いてもこんな6年も前のスーツケースのスペアキーなどは扱っておらず(通常2、3年前くらいまでの分しかないそう)、半分諦めてバンドをかけて使おうと思っていたところ、スーツケースの鍵などを破格で作成している鍵やさんを見つけました。

東京の業者2、3箇所にも見積もりとりましたが、こちらの業者さんはその3分の1以下のお値段。

鍵そのものだけであれば、1本3,500円でした。(これに往復のスーツケース送料と代引き料金がかかります。)
申し訳ないほど安くないですか?

鍵工房 ツールドコルス
栃木県下都賀郡壬生町安塚970−1
0282-21-7018
http://www.touredelock.com

金曜にスーツケースをツールドコルスさんに送って、日曜にスーツケースと鍵が届きました。大感謝です。

イギリスで仮住まい探し - ユースホステル個室・airbnbなど

新学期である9月からイギリスの大学・大学院生となる方は、準備に追われ今が忙しさのピークでしょうか。宿泊料が高いのにクオリティーが低い(よね?)宿泊施設の多いイギリスで、快適なアコモデーションをどう確保するか結構難題ですよね。
大学の学生寮じゃなくて、ちょっと慣れたら現地でフラットを借りてみたい!とかいう場合でも、

  • 落ち着く場所が決まるまでどこに泊まるか
  • どのくらいの期間借りておけば、落ち着く先に引っ越すまでサバイバルできるか
  • 仮住まいにここまでお金をかけていいものか?
などなど、悩みはつきないのではないでしょうか。大学進学などにかかわらず、長期ステイのアコモデーションで安いところをお探しでしたら、こんな方法はいかがでしょう。

1. 洋書のガイドブックに載っているアコモデーション情報を参考にする
イギリスに行ってからなら図書館などで簡単に手に入るので、私は日本では購入せずに立ち読みでシッケイしてましたが、Lonely Planet,やRough Guideシリーズなんかがメジャーです。地方都市で、日本のガイドブックにはあまり情報がない場合には見てみる価値はあるかもです。

  

2. Airbnbで現地の方のお家にステイさせてもらう
ホテルやB&Bのプライベート空間も捨て難いですが、短期間なら地元事情に詳しい人のお宅に滞在させてもらうのも何かと心強いかもしれません。そんな時に便利なのがAirbnb。こんな部屋貸すの〜!と思わず言いたくなる残念な感じの部屋や、ベッドタイプが「エアベッド」だったりすることもありますが、教会の中とか、城の中とかにある超素敵な部屋がホテルよりもかなり安い金額で見つかったりします。サイト上で空室があっても、実際に問い合わせてみると「他で決まっちゃった」とか、「シスターが来るからゲストはとめられない」とかいう理由で「却下」されることがあるので、その部屋を候補に挙げた時点で問い合わせてみた方が早いかも。また、28日以上は長期滞在としてみなされ、月額料金でお得な場合もあるけれど、キャンセルの場合に月額料金分まるまる返金なしになるなどの規定があるので注意が必要です。

Airbnb
長期滞在のキャンセル規定について
https://www.airbnb.jp/home/cancellation_policies#long-term
月額料金について
https://www.airbnb.jp/support/article/457?pos=1&qid=SYe4&sref=a70a018e3

日本でフツーにログインすると、日本語・円の設定になっていると思いますが、トップページの左下で日本語・ポンドとか、英語・ポンドとかに変更できます。ホストの人と料金について話すときはポンドでいくらなのかわかっていると便利です。決済通貨は決済するカードの請求書送付先住所によるようで、これが日本の場合は日本円、イギリスの住所の場合は英国ポンドでの決済になるそうです。また、宿泊料金の他に、6〜12パーセントのAirbnbのサービス手数料がかかるのも要注意かも。

3. YHA (ユースホステル)の個室を予約する
バス・トイレ付きの個室がある施設もあります。28日の間で最大14泊までしかできないなどの規定はありますが、まずまず綺麗なところが見つかったりします。

例えばブライトンのこちら。
YHA Brighton
http://www.yha.org.uk/hostel/brighton
プライベードルーム:29ポンドから


4. 大学の学生寮に泊まってみる
夏休みの間だけ、学生寮の個室(シングルが多い)を一般に貸し出している大学が多いので、サイトで検索してみる。
私はオリンピックの時にロンドンの大学寮に一ヶ月ほど滞在したことがありましたが、料金は安く、毎日クリーナーが掃除してくれて、大きな机もあり、駅からも近かったのでとても快適に過ごせました。


5. 街のスポーツセンターなどの宿泊施設に泊まってみる
一般の人も利用できたりするので、同じくサイトで検索してみる。

6. GumTreeでシェアハウスを探してみる
ダブルルーム・カップル可など、条件を細かく指定して検索可能。ただ、これは現地についてからのほうが無難かも?
時々こういった残念なホストのコメントを見かけたりもしました・・・
"No foreign students. 100% fluent English speakers only!"

7. RightMoveUKという物件検索サイトでフラット・家を探してみる
出発直前にあらかじめ日本で「Available Now」の物件を探しておき、現地に到着後すぐに内見を何件かして、申し込みをする。学生や働き始めて間もない人はお断り!といった物件でも、6ヶ月分を一括前払いすることを提示したりすると借りれてしまうこともあります。とはいえ、物件がみつかって入居できるまで何日かかかるはずなのでその間はホテルなどに滞在する必要があります。

mistletoe家も夏休みの宿泊先探し真っ只中です。
 
123>|next>>
pagetop