March 2015  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブリティッシュカウンシルの留学フェアに行ってみた

ブリティッシュカウンシルで行われた春の英国留学フェアに行ってみました。



フェイスブックで開催を知り、1時間もあるIELTSセミナーに魅かれて行ってみたのですが、初心者向けとはいえ想像以上に試験のコツや新しいアイエルツの情報が聞けてよかったです!試験対策におすすめのサイト、問題の解き方などをテンポよく解説してくれて、決して簡単ではない試験なのに、挑戦するのが楽しみにさえ思えるような気がしました。

来月4/6から導入されるビザ申請用のIELTS for UKVIについてもブースでたっぷり聞くことができました。通常のIELTSと比べると、試験内容は一緒ですが、セキュリティが厳しく、受験料が高く、受験会場が東京と大阪だけなんだそうです。

この突然始まった新テストですが、今のところ情報が少ないので、受験体験などブログに書いていけたらいいなと思ってます。



IELTS for UKVIについて
ブリティッシュカウンシル
英検




イギリス人宅のキッチンにありがちなレシピ本

イギリスにいる日本人の友達に、日本からレシピ本でも送ってあげようかなと本屋に行き、

・イギリス料理のレシピ本(日本語)
・和食の本なんだけど、イギリスで食材が手に入りづらく悩むであろう本
・ジャーサラダの本

・・・の、どれにするか散々悩んだ末、結局自分の本だけ買いました(ありがち)



作り置き系のレシピ本が旬なんですかね?

そういえば、イギリスで友達のお宅にお邪魔した際に、

「この本、私の周りの友達みんな持ってるの!」と教えてもらった本がありました。

みんなって??と、その時はあまり気に留めなかったのだけど、その後、30代前半学生の友達、40代の主婦の知人、60代後半くらいのお隣さんの家にもその本があったのでちょっとびっくりしました。

こちらです。

Cook Now, Eat Later
Mary Berry



イギリスで見かける料理本は分厚くて、買った時の満足感と、それをぜんぜん使わなかった時の罪悪感がすごいです。

Everydayシリーズ:接続詞中心のグラマー本

最近、洋書が都内最大級の取り揃えらしい東京駅近くのオアゾにある丸善に行くことが多くなりました。洋書の英語学習本もたっぷりあって楽しいです。(ちょうど今、ブリティッシュライフコーナーなんてものがあって、イギリスやスコットランドの小物などを満喫できます。)


http://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=3

1年ほど前になるようですが、あのEverydayシリーズからグラマー本が発売されていたんですね。レベルはケンブリッジ英検でいうところのFirst(FCE)くらいみたいです。

接続詞がどうも苦手だって方にはライティングのお助けにもなるんじゃないでしょうか。ありがちな間違いとともに解説があるので、「え、それってなんでだめなの?」などと思いながらぐいぐい引き込まれるはず。「suggestの後の動詞って原型じゃなくてもよかったの?」などなど、新たな発見もあるかもしれません。これ1冊だけで一通りグラマーを勉強するというタイプのものではなく、振り返り確認用のテキストという感じでした。


同じ著者のボキャブラリーシリーズはこちらをどうぞ。
   
12345>|next>>
pagetop