February 2016  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

図書館から無料でもらったDVD

先日、帰りの電車で同僚(推定20代後半、イギリス人男子)と一緒になった時、ひたすら日本の映画やスタジオジブリの話をされました。(ジブリの映画、観たことない日本人って世界で私だけでしょうか・・・)興味がないがためにまったくついていけなかったことを反省し、図書館でDVDのレンタルを予約してみたら、こんな返事が来ました。

We have two DVD’s that we are withdrawing from our stock and we wondered if you would like them as you have placed reservations on the items, they are

The Castle of Cagliostro
Laputa Castle in the Sky.

If you would like these please ask at the desk on Floor 4.

え、くれるの?(笑)

図書館さん、ありがとう。

ケンブリッジ英検 Advanced 2015年改定後のテキスト

ケンブリッジ英検Advanced (CAE, CEFR C1レベル) のテキストをあれこれ見てみました。Advanced は2015年に改定があり、試験時間が以前より短くなっています。For revised exam from 2015などと書いていれば現在の試験に沿った形式で学習できます。

タイトル:Compact Advanced
出版:Cambridge University Press



10ユニットの構成で、ユニットごとに試験の各セクションの学習ができるようになっています。全体的にボリュームが少ないので、このレベルなら受かるだろうけれど一応一通りやっとくかというレベルの方とか、時間がない方(とはいえ、もちろんこれ一冊だけ完璧にすれば準備オッケーというものではないです)、一通り勉強してみた上で弱点を探して次の対策を考えるのに適しているような気がします。巻末にあるライティングガイド、スピーキングガイドがサンプル多めで、各ユニットに登場した単語やフレーズがワードリストとしてまとまっているのでボキャブラリーの復習に大活躍しそうです。解答にあるレコーディングスクリプトでは、解答のキーとなる部分にアンダーラインが引いてあったりします。ライティング問題にはもちろんサンプルアンサー付き。


タイトル:Advanced Testbuilder 3rd Edition
出版:Macmillan Education



4回分のテストと解答、ライティングのサンプルアンサー、オーディオスクリプトなどが入っています。実際の問題よりも簡単なように感じるんですが気のせいでしょうか。(何問かランダムに試してみたところ、このテキストだとほぼ全問正解できますが、ケンブリッジのオフィシャル問題集で同じようなことをやると7割くらいしかできないんですが・・・汗)レコーディングスクリプトでは、解答のキーとなる部分にアンダーラインが引いてあり、リーディングやリスニング問題ではなぜそれが解答なのか解説がついています。最初の一冊におすすめ。


タイトル:Advanced Trainer Second Edition
出版:Cambridge University Press



過去問形式の問題が6回分ぎっしりつまったお得な1冊。最初の2回分は丁寧にガイドがついているので試験の構成に慣れることができます。解答と詳しい解説部分にはNotesがちょこちょこ入っているので、そのアドバイスも見逃さずに熟読するといいと思います。

Advancedボキャビル対策、Proficiency(CPE)対策に続きます。

図書館から買ってもらったボキャビル本

以前一通りやっつけたはずのこちらのお気に入りボキャビル本、最近また読み始めています。一度覚えたはずなのに、なぜこんなにも新鮮に読めるのか不思議です・・・



このボキャビル本のいいところは、イギリス英語のナチュラルスピードの音声CDがついていること、それから、一度このテキスト(または青版、赤版)で登場したイディオムや表現が後のページで再度しれっと登場するので覚えやすいんです。テキストに出てくるイディオムが、本当にテレビ、雑誌、同僚の会話にちょくちょく登場するのも楽しい。イディオムとかボキャブラリーって、知っていると耳に入ってくるけれど、知らないと通り過ぎていくだけですね・・・。このテキストやってなかったら、聞き取れないか、聞いてもスルーしていってただけだったかもなって思うものがたくさんありました。

地元の図書館には、青版、赤版はもともとあったのですが、一番レベルが上の緑版は取り扱いがありませんでした。ダメモトで図書館に「購入リクエスト」をしてみたら、たった2週間ほどで「ご用意ができました」という返事が来ました。図書館で借りたのに新品ってちょっとうれしい。



オフィスで本当にそのまま登場するセンテンスという点では、こちらもおすすめです。(かなり古いけど)

12345>|next>>
pagetop